2017年05月05日

ビールに、ショート・ショート。


お。
冷蔵庫をガサ入れすると、パピ農園の物資が補充されてる ^^
R9119159_R.JPG
ネギ、みつぱ、スナップエンドウ。

野菜炒めたら、
R9119161_R.JPG

シチューの素。
R9119160_R.JPG
& 牛乳。

パスタは 茹でておく。

シチューしたとこに、パスタを どん して完了♪
R
9119164_R.JPG
塩を ちびっ と だけ足すと、味がしまる。

仏壇用。
R9119170_R.JPG

ぎゅうぎゅう満員御礼。
R9119172_R.JPG
ぶりぶり鰯 が 6尾入って 199円だぁ ^^
ノー・プランでも、思わず手が にゅー。

頭落として、内蔵だしたら、手開きする。
R9119173_R.JPG
水気を切ったら、塩・胡椒する。
片栗粉どかっ・・

揚げれ揚げれ~♪
R9119174_R.JPG

ソース要らず。
R9119176_R.JPG
そのままで 揚げたて カリふんわり。美味し *^^*

一尾目を包丁で捌いたら、中骨に肉がたくさん付いちゃったので、
R9119177_R.JPG
一緒に揚げる。

骨せんべぇ ^^♪
R9119180_R.JPG
んまーし♡

ラストは ぽんじり と 鶏レバ の 一緒煮。
R9119245_R.JPG
ぽんじり は 味付け肉だったので、生の鶏レバを、酒、味醂、醤油で煮たとこへ後からプラスする方式。
フライパン内で やんわり別々なエリアで煮る。

針生姜、今回 乗っけなかった。味付けにも加えなかった。
ぼんじりのタレがあるからね。

ぽんじり には 食べる直前に ラー油掛けても美味しい♪

今日は 程良く暑かった。

温い風に 初夏が潜む。

ビール。 やっとビールが美味しい季節 ^^

がごー♡

明日は バイトだから、ハートランドビール瓶×2本。

うむ。足りん ^^


タグ:
posted by 海夏子 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

神奈川県に引っ越してきた弟家族が来襲。


on the phone.

海:「 何時にくるの? 」
ヒロくん:「 んー。22:00位かなぁ ^^ 途中食べていっちゃうから、軽くつまむ程度、お酒かる〜く呑むかな~。」

うぁーい ^^ ← オーダー通り真に受ける人。

22:00着なら、チョットつまんで呑んで、風呂⇒寝るじゃろ~
R9118759_R.JPG
エリンギは、ホタテ食感仕様で 真横にぶつぶつ切る。

エリンギとネギを炒める。
R9118760_R.JPG

味付けは、塩、鶏がらスープの素、ごま油。こんだけ~
R9118761_R.JPG
足りなかったら醤油でもなんでも足しゃえーんラ♪
野菜の旨味を引き出すのが信条。

こんなんでどーラ?
R9118766_R.JPG

麒麟一番搾り6缶パックを 夫婦で 2缶ずついってた。

のち、よく行くスーパーで ”遂に ベルクスにも登場!!” と 棚幅いっぱいに陳列されてた 一押し? 499円のチリ産ワインを買ってきたのを 振る舞う ← ワンコイン・ワインを振る舞う。おほん。

カルメネール、KAWRAというワイン。
R9118789_R.JPG

アルパカ・ワインのような装丁だに。
R9118790_R.JPG
"フランスで絶滅されていたと考えられていた 葡萄の種が、チリで 世紀の大再発見。"
それを素に作られたワインらしい。

プルーンや干し杏のフレイバーなんだって。
R9118791_R.JPG
渋さ☆☆
苦さ☆
甘みというか、円やかさ☆☆☆
ドッシリ☆1.3くらい
飲みやすさ☆☆☆☆

『 王様の泪 』 は 渋さとか苦味、重さも、丁度良く、当時399円ながらも、非常に整ったワインで 仲間内に人気があった ワインだったのを思い出した。
あれにハマったのは、もう8年も昔のこと。 時の移ろいを楽しむ。

〆鯖 & 本鮪。
R9118796_R.JPG
わー・・

わーわー・・
R9118797_R.JPG
このテロテロした 細かい脂。
食べる宝石。
これが 自分の血肉になるなんて、なんて有難くて素敵 *^^*
〆鯖大好き、海が食べられるのは、みょうにちの朝だ~。( = 残り物。お預け状態も楽しい♪)

さて、もう深夜も近いから、海藻類と野菜でまとめよう
R9118799_R.JPG
酢味噌。

R9118800_R.JPG
ぬた♡

弟が キッチンに フラリと入ってきては、タバコを吸い、お料理している海と雑談する。
勿論こっちはこっちで呑んでいる。
ヨメはヨメで、リビングで 浅田真央さんのスケート録画を何度も観て涙している。← 全身で泣いている。
浅田さんが大好きなヨメ。
だから 姪の名前が 真桜(まお)なのか!! ^^;
納得がいったぞ。。

翌朝。

めちゃめちゃ上手くいった 春雨サラダ。
R9118802_R.JPG
ごま油、砂糖、醤油、酢、白胡椒(入れても入れなくても)。

錦糸玉子は、調味料を 混ぜ合わせた後、最後の最後に入れる。
味吸って しょっぱくなっちゃうからねぇ。
R9118806_R.JPG
白ごま振って、完成だけど、撮っている暇が無い。これで完成ということで~ ^^

お風呂上がりの姪は、早速お絵描き。
R9118817_R.JPG
左利き♪
姪の好きな色:黒、茶色、紫。

… なんて渋いんラ ^^;

海が 3つの時に好きだった色は、桃色、水色、緑。 ← ふつーな感じ
よく好きな色順に、色鉛筆を並び替えてた。

気候が ぐん と 気持ち良くなって、床をぺったぺったと 裸足が心地良い♡んだけど、スリッパを履かないと マミから ご注意をいただくので、、
… ぷしゅっ
R9118819_R.JPG
海も呑むぞー

マミ:「 海ちゃんクラゲ(になるのは)は後にして! これ出して 」
R9118821_R.JPG
はぁ~い ^^ ^^ ← 朝イチで、もう らめらめ

祝事 = すき焼き。が、うちのセオリー。
R9118827_R.JPG
なぜなら、パピが うし大好きだから。
なんて単純な理由なんラ。誰の祝事でも、パピの好きなもの中心。わかりやすい ^^;
ん・・? 右上の、、

すぼっ・・
R9118829_R.JPG
海:「 斬新な入れ方だね ^^b 」
マミ:「 ? 丁度良いのヨ! 」 ← 忙しくて 一人テンパっている御仁。

急いでも急がなくても、余り時間変わらないよーん ^^?

ぶっといネギ♡
R9118830_R.JPG
この他に、更に二皿用意。うちは ネギ大消費一族。

彩り人参。
R9118832_R.JPG

肉厚 椎茸♡
R9118845_R.JPG

くつくつ煮始めている間、
R9118847_R.JPG

マミが どーん。
R9118836_R.JPG
トマト大好きマミ。
3割引き処分品でも、ピカピカ☆

マミ:「 海ちゃん、これやって。」

はいはい。← 二度ハイハイは NG.だそうデス。あぃあぃ ^^
R9118837_R.JPG
うち流、フレンチドレッシング。玉ねぎ微塵に、
砂糖、酢、ちょっっとの塩、ちょび~お醤油隠し味。白胡椒。

混ぜたら、オリーブオイル。
R9118838_R.JPG

香り高く、ミツパの微塵切りを ぼばー
R9118844_R.JPG
派手な位入れるのが丁度良い ^^

カラリとした気候、虫も夏のように入ってこないので、窓を開け放って。
R9118839_R.JPG
家の中を 春が縦断する。

でけた。
R9118846_R.JPG

やべやべ、人参花咲しないと。
R9118849_R.JPG
ぺぺぺ~

筍、鶏肉、こんにゃく、牛蒡、人参、里芋 の 煮物。
R9118848_R.JPG
やはりマミ味は最高 *^^*
煮物には 日本酒が良かったな。
筍の穂先が 柔らかく、香りが立って とてもおいし・・他の具材も、芯まで味が滲みていて、それはそれは美味しい。日本に生まれて幸せ ^^

昨晩残りの 春雨サラダが味滲みで美味しい♪
R9118851_R.JPG
びーる。サラダ、びーる。

マミ:「 海ちゃん、働いて! 」

海くらげ:「 はぁーい ^^ 」

でん。
R9118852_R.JPG
朝食には、焼き鮭も登場。 肉と魚、、豪盛だな ^^
香ばしいカマ部分、頂きまぅす。

やっとこ 海 食べられる~
R9118854_R.JPG

すき焼きも美味しかった、、が、みつぱフレドレとまと が美味しかった♡
(セリでやっても美味しいヨ。)
R9118855_R.JPG

肉で みなさま お腹いっぱいなので、ダメ押し アイス。
R9118856_R.JPG
これで 落ち着くっしょ。

海は、昨晩 残りの KAWRA を 全部空けて、ビール買い足して、お昼過ぎに 弟家族を送り出し、呑みながら 夕食の準備をした。

生活するって、楽しいね ^^

海は お酒を呑まなくても 常時 くらげ。

ふぅわり 漂う

タグ:野菜
posted by 海夏子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

マック・シンドローム。


最近忘れっぽくなっちゃってね。
R9117020_R.JPG
何の公約だったか、サッパリ、ぷぁんぷぁん。
記憶にございません。

時間が経つと、チーズが 包み紙の形通りに固まってしまう ^^
R9117021_R.JPG
変態な海は、これも好き~♡

うぉっほ♡ 肉厚三段牛。
R9117022_R.JPG
あむぅ ^^

こっちは ソースに滲み滲みレタス。
R9117023_R.JPG
タレが 包装紙に 垂れ出したのを パンで綺麗に集めて食べるのが モッタイナイ精神欲が満たされ具合宜しく大満足で食べられるっちゅう、飽和状態で、どこが モッタイナイんだ、だったら 食べられる丁度よい具合にだけソースを乗っけ給えられたんじゃ、堪らない、、もっと盛って欲しい・・きちんとぺろりと食べますんで、っていう訳の分からない心状態になるわけラ。

更に食べ進めると、刻みオニオン & 大好きな ・・ パプリカじゃなくて、ペペロンチーノじゃなくて、、← 本当にど忘れ。。ヤバイ。
大好きなアレ、なんだっけ~ ><

マミに聞きに行く。 マミの得意じゃない、ほれ、アレだよ、アレ~、なんだっけ?

あむあむ。
R9117034_R.JPG
ピクルスだぁ!! ← 本人の目の前に行った直後、自己解決。 じゃねー ^^ てくてく。

ずるりん。
R9117036_R.JPG
まだ、出てきちゃらめ。

最後まで 取っておくんラ ^^ ← 最後の 二口を、ピクルス 一枚ずつ 取っておくのが 海流儀。

ヘタったレタスも 大好き~♡
R9117038_R.JPG

ぶにぃ・・ 溢れるソース。
R9117044_R.JPG
フレンチドレッシングを濃密にしたような、、

マクドナルドさんちのお料理は、家の香りがするのが 魅力だと感じる。

小洒落てない、どっか牧歌的な香りがする。

どこの店舗でも マクドナルドに共通した 独特の脂?油の匂いがある。店の匂いとも違う。

子供の頃、友達の家に遊びに行くと、必ず その家 独特の香りがあった。

マックさんち には、系列店なのに、どこでも 必ず マックさんち の 香りがするんだ。食べ物にも須らく。

こいつが 昔から とても摩訶不思議なんだ。


デザートは、羽二重餅。
R9117046_R.JPG
福井県は、酒は 黒龍。
スイーツは、これ♪

天女の羽衣ってこんな風なん・・? っていう 柔さと 円やかな一歩引いたような、はにかんだ甘みが 後を引いて永遠に食べ続けたくなる。


バーガーの ピクルス & チーズ の痕跡を辿りながら 赤ワイン を 呑み、ポテトで ビールを煽り、スイーツで 日本酒。

どうにでもなれだ、な、休日前夜 ^^



※ 2ヶ月前位の記録。 ま、休日前夜には変わりあるまい、ということで~♪

編集めっちゃサボってる。 どんどこ溜まって 宿題のように 日々の記録が山積みだ。

花の想い出も、季節の移ろい、風の香りまで、ここから動かず そのままだ。

ぼちぼち始めないとな ^^ 溜まってく一方だ。駄記録が。

こういう自分を、楽しんでる。



posted by 海夏子 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

良子、りょこ。


やっとわかったよ


わたしの帰りたい場所。


彼は、海で、


父は、緑だった。


かえりたい、かえりたい。

帰りたい。 光溜まるあの場所へ。



やっとわかったよ


伝えられるよ


posted by 海夏子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

香に想う。



死装束。


一見 真っ白いけど、淡い頬色の 両の振り袖 で いきなり 目の前を 通せんぼされた。


ぼくは 桜を見上げるたび、物心付いて以来から なぜだか 桜には このイメージが飛来するんだ。

桜舞.JPG
photo by sotoalloftheworld.
(これ以上比率を縮めるつもりは無い。これで 美しさを保つ精一杯の縮小。)



春が身に纏った それは 怖いくらい 真っ白で。



松ぼっくりの苦い風味 とか、アスファルトから立ち上った 春の湿った香りだとかの 季節ごちゃ混ぜの 自然の記憶が 押し寄せてくる、そんな春夜。

足りないお酒を買い足した帰り道、階段を昇り切ったら、どこからか ふぅわり ウィンナーと玉ねぎの ケチャップ炒めの香りが 漂ってきた。

コンクリートから 峙つ ひんやりを含んだ 春小影 を 右へ。

角を曲がったら次は 爽やかな柔らかい 入浴剤の香りだ。。 小窓を開けて、誰かが気持ち良くお風呂に入っているんだろう・・


そこいらから 立ち昇る 微弱だけど 活発な生気を ぼくは 香気を 静々と胃の腑へ落とし込んだら、・・ 身体を取り囲む全てが 土から萌える苔だとかになった気がする。


えらく 長い旅を続けてきたようで、ふと 気を抜くと、同じようでも 格段に違う桜が また そこにある。

IMG_20170413_114312.jpg

やっとこさ 春だ。 春が 来た



そこへ、ぼくは 徐に 身体を 横たえる。


ただ、真っ白になるんだ。


桜しか無い視界に、丸ごと委ねて、眠りに落ちる。



全身に覆い被さんばかりの桜を浴びながら、

桜舞.JPG
(一枚目と同じ画像。 海の美的感覚で、これ以上縮小しない。これが美しさを保つ精一杯。)


春寝しよう

そうしよう





なんで サイズの合わない(PCの横幅に依っては) 画像を・・だって?



美しいからだよ ^^





posted by 海夏子 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

2017年4月8日の宴模様。


まだダウンジャケット着てます。

仕事から帰宅したマミに 『 夜桜ドライブお出かけしたいの指令 』が パピに出て、くっついていった帰りに ”ヤオコー寄る?”(マミはお買い物がしたい。)のマミの誘惑の一言。 半額セールに飲まれる。

回鍋肉。
R9118622_R.JPG

牡蠣が 6つで 400円。半額で 200円。 *^^*
R9118628_R.JPG
ご飯が 100円~♪大盛り。 ソース & 辛子 丼風にして 食べる、食べる。

そうだ。
昨晩 食べるつもりで 持ち越していた 野菜さんたちを マミが帰宅するまで 食べていたんだった。

酢味噌ニアン。
R9118629_R.JPG
ちょっとトロ味を増したいから、砂糖、味噌、酢は、1:1:0.78くらい。

でろん、こんなん。
R9118631_R.JPG

木蓮の花みたい ^^
R9118633_R.JPG
ぽってり茗荷。

孔雀の羽根みたいだ。。
R9118635_R.JPG

まな板で新体操 跳躍しているのは ミツパ。
R9118638_R.JPG

子どもたちは その場で ブチッとして、あむあむする。
R9118640_R.JPG

長いやつを抜き出して、こんくらいで 二箇所 巻く。
R9118641_R.JPG

酢味噌で 茗荷 と ミツパ の 孔雀羽根薪造り~
R9118646_R.JPG

R9118649_R.JPG
ミツパは生だよん♪

鎌倉ステーキハム。
R9118621_R.JPG

ハムに塩味が付いているので、そのまま焼くだけ。
R9118624_R.JPG

柔らかくて、円やか。
R9118625_R.JPG
塩気も強くなく、弱くなく。 これだけで ご馳走 ^^
シンプルな方が 美味しいんでないかな。

パピと一緒に猛ハマリしている、酒の肴、『 うにいか 』。
R9118399_R.JPG
ハッキリ言おう。"それっぽい"肴だと。
だけど、これを作ろうってんなら、結構しますもん。
これいくっしょ ^^

海苔とマッチが良いと思う。これ、絶対。
R9118400_R.JPG

廻る寿司とか行かなくても、うちで 何貫でもイケる~♪
R9118402_R.JPG
ちびちび 日本酒でいっても良い。
『 うにいか 』 は 甘い肴なので、辛口やら 海苔巻きやら が とても似合う。

日本て ありがたいなぁ ^^ ^^ ← 国外に出たことのない人~。井の中の蛙上等。

海は 子供の頃から 特に 海苔 と 梅干しや 昆布 に 日本を感じる。

ああ、今日も お米がおいしい。

ごちそうさまです。ありがとうございます



タグ:野菜
posted by 海夏子 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

水桜。


きみよ、君よ

我魂よ

R9118279.JPG


たとえ 一期一会であろうとも

桜宵.JPG


その瞬く間に

R9118283.JPG

ぼくの 心を囚えてしまった



R9118276.JPG

幾千もの 悲しみや喜びや感謝が 慈雨のように降り積もって、 一つの"次"を送り出して支えていることに、今日も ありがとう



立て。

膝の埃を払え。

泣きたくなったら、とりあえず、熱い風呂にでも 入ってさ ^^

タグ:
posted by 海夏子 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

山茱萸(サンシュユ)


3週間位前になる。

「 サンシュユが 見頃よ ^^ いってらっしゃいよ 」 と マミ。

… 海 知らなかった ^^;

ばばん。
IMG_20170319_153345_R.jpg

おお、また 一つ、自然の呼び名を覚えました。 よくお見かけする貴方でしたか。。f^^
IMG_20170319_153333_R.jpg

楚々とした花を パウダーのように 枝にまとっていた。
IMG_20170319_153412_R.jpg

突き抜ける春の薄青スクリーンに、まだ寒そうに 時たま肩を震わせる。
IMG_20170319_153400_R.jpg

木蓮て、初夏じゃなかったっけ??
IMG_20170320_153213_R.jpg

今年もこうして、春に巡り会えたことに、感謝 ^^

いっぽいっぽ、踏みしめる。

もう 夏は ベンチに 腰掛けているのかもしれないけれどね。
R0016655_R.JPG


鳥の声

蝶の歌

神様、わたしは 貴方の声が聞きたい。



タグ:
posted by 海夏子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする