2016年10月15日

想い出の音の連なり。



その時の想い出 とが リンクする曲がある。誰かしら、何かしら、あるんじゃないかな。。


西陽を一心に受ける 街だった。

R0010735_R.JPG

Fields of Gold.
R0010722_R.JPG

あれから 幾年もの年月が経って。



ぼくは 時折 抜け殻のようだ。


気を抜くと、ぼくは あの時の、コスモス畑 に 居る。



ここが 夢だか現だか 分からなくなる時がある。

R0010738_R.JPG



夢遊病者のように、街を 歩く。
そんな時に出会った、Stingさんの音 と 声、歌。
(これは、ギターでカバーしている人。Stingさんじゃないよ)

素敵だったので。


車道がいっぱいいっぱいで、歩道は とても狭い。

坂を下る時、BOOK OFF に寄る。

暮れてゆく太陽に 斜めから 足元を薄く照らされながら。

意識薄弱のまま に、本 や 音 を 漁る。
(自身の気持ちを、どこへ持っていったやら、分からない。)


県道をストレートに 黒ずむ夕暮れ。

橙色と黒しかない色彩の中、ぼく は てくてく歩いてゆく。


あの時、アパートメントの 庭に植えた ホトトギスは、まだ咲いているんだろうか?
R0010829_R.JPG

てくてく・・ ぼくは 夕暮れ時になると、いつも想い出すんだ。


あの庭を。





あの時、あの店を出ても、何度も 頭の中を リピートしていた、Stingさんの、灰色の夕に、咽び泣いたように、かすれた声を、


秋に、いつも 想い出すんだ。


追いかけてくるんだ。


ラベル:
posted by 海夏子 at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

Justin King.これ、すごい!


思わず、3品、amazonしちゃった。


ブログを ツイッター代わりに使っちゃって、すいませ〜ん (^-^ゞ

真夏の夜に、酒が進むこと間違いなし。


ラベル:Justin King
posted by 海夏子 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

SPEAKER GAIN TEARDROP.


最初の入り口が 音だけなら、寄せなかったかも。

酒とツマミの旅人 【0と黒】 と 出会ったから、今、この音の源が、ここに。


とにかく早く浸りたい。。

ダリのようなジャケット。
R0028126.JPG

お片づけ、したくないんでしょう? ^^


いいね ^^

わたしたちは 毎日、散らばす。思う存分に …



春の佳き日、真空に響き渡る 遊泳感 を 満喫する。
R0028127.JPG




ほんとうは、知っていたんでしょう?
R0027976.JPG




全ての事実は、無実に



音のジャグジーを

バシャバシャ浴びる。



春と体液の温度が 1:1 になる、この季節に。


ラベル:
posted by 海夏子 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

リスト:《 超絶技巧曲練習曲 》から 他。


アッパーな 地味派手 と言えば、アシュケナージさん *^^*
R0025391_R.JPG
泉から クプチャプと 真水の飛沫 が 迸る音がする。


" もっとも有名なのが 《 超絶技巧的練習曲 》という怖ろしいタイトル ”。
" Etudes d'execution transcendante " は 「 ずば抜けた演奏をするための練習曲」という意味
つまり15歳の少年が書いたというから 驚かざるを得ない。)
R0025395_R.JPG


R0025394_R.JPG
( 指折りの難曲と言われるリストとプロコフィエフの代表的なピアノ作品を収録した)
( 尚リストはアシュケナージにとってこれが唯一の録音です。)なんだって。

リストと言えば、イングヴェイ・マルムスティーンが出てくるのは なぜら?

解説が コレマタ いーんだ ^^
R0026063_R.JPG
『 第1曲 前奏曲 』
『 燦めくように華麗で豪快な曲で、聴き手の心はぎゅっと一掴みされてしまう。』
『 第5曲 鬼火 』
『 鬼火とは旅人らを惑わした人の形をした火のこと。 』

R0026065_R.JPG
『 第10曲 』
『 激しい動きを持ちながらも、美しいメロディが顔を覗かせる。 』

iPod に 入れる。
R0024690_R.JPG

R0024692_R.JPG
この ハロみたいなヤツ(ハロが分からなければ、”ガンダム ハロ” で ググちゃらえーぉ ^^)


アシュケナージさんの 指先は、春が 可憐に 千切れるような 音粒の連なり。

桜 と 胸キュン に ぴったりなんだ。


とにかく この 全編を通じての 清い甘水の如き 音粒 を ゴゴッ と したんだヨ。

posted by 海夏子 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする