2017年04月16日

香に想う。



死装束。


一見 真っ白いけど、淡い頬色の 両の振り袖 で いきなり 目の前を 通せんぼされた。


ぼくは 桜を見上げるたび、物心付いて以来から なぜだか 桜には このイメージが飛来するんだ。

桜舞.JPG
photo by sotoalloftheworld.
(これ以上比率を縮めるつもりは無い。これで 美しさを保つ精一杯の縮小。)



春が身に纏った それは 怖いくらい 真っ白で。



松ぼっくりの苦い風味 とか、アスファルトから立ち上った 春の湿った香りだとかの 季節ごちゃ混ぜの 自然の記憶が 押し寄せてくる、そんな春夜。

足りないお酒を買い足した帰り道、階段を昇り切ったら、どこからか ふぅわり ウィンナーと玉ねぎの ケチャップ炒めの香りが 漂ってきた。

コンクリートから 峙つ ひんやりを含んだ 春小影 を 右へ。

角を曲がったら次は 爽やかな柔らかい 入浴剤の香りだ。。 小窓を開けて、誰かが気持ち良くお風呂に入っているんだろう・・


そこいらから 立ち昇る 微弱だけど 活発な生気を ぼくは 香気を 静々と胃の腑へ落とし込んだら、・・ 身体を取り囲む全てが 土から萌える苔だとかになった気がする。


えらく 長い旅を続けてきたようで、ふと 気を抜くと、同じようでも 格段に違う桜が また そこにある。

IMG_20170413_114312.jpg

やっとこさ 春だ。 春が 来た



そこへ、ぼくは 徐に 身体を 横たえる。


ただ、真っ白になるんだ。


桜しか無い視界に、丸ごと委ねて、眠りに落ちる。



全身に覆い被さんばかりの桜を浴びながら、

桜舞.JPG
(一枚目と同じ画像。 海の美的感覚で、これ以上縮小しない。これが美しさを保つ精一杯。)


春寝しよう

そうしよう





なんで サイズの合わない(PCの横幅に依っては) 画像を・・だって?



美しいからだよ ^^





posted by 海夏子 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

水桜。


きみよ、君よ

我魂よ

R9118279.JPG


たとえ 一期一会であろうとも

桜宵.JPG


その瞬く間に

R9118283.JPG

ぼくの 心を囚えてしまった



R9118276.JPG

幾千もの 悲しみや喜びや感謝が 慈雨のように降り積もって、 一つの"次"を送り出して支えていることに、今日も ありがとう



立て。

膝の埃を払え。

泣きたくなったら、とりあえず、熱い風呂にでも 入ってさ ^^

ラベル:
posted by 海夏子 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

春鏡。


目に痛いくらいだ ^^
IMG_20170211_105524.jpg


春の架け橋、見つけた。
harukagami.jpg


迸るように 咲いている。
IMG_20170211_105513.jpg

風、 仄かに梅の香 を 乗せて

心まんさく に なる


posted by 海夏子 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

今日は、小人。


DSC_0059.JPG

『 水溜りの波紋、アメンボの散歩、草のしっぽの涙、蜘蛛の巣に散らばる誕生石・・etc 』
by sotoalloftheworld


心に浮かぶ 美しいフレーズがある、幸せ。

世界は、とてつもなく 美しい。

そして、優しい。





ふかふか 苔の マットレス。

草のしっぽの涙で 顔を洗う。

蜘蛛の巣に散らばる誕生石を集めて廻る。

それが ぼくの日課なんだ。

ホタルブクロのリュックサックは いつも満タンさ。

時々 転がりくたびれた どんぐり達が 中で足を休めているんだ。

そのまま眠っちゃったみたい。重たいな。えいしょえいしょ。

喉が渇いたら、しっぽを くん。

大きな雫を コロコロ ごっくん。

水筒代わりにも なるんだよ

「 やぁ、いつもご苦労さんだね。」
「 あめんぼさん、こんにちは。ちょっと向こう岸まで渡してくれない? 」
「 お安い御用だ。さぁ 乗りな 」

「 ねぇ、少し遅くして、遠回りしてくれないかな 」
「 いいともいいとも。そうさせてくれるかね?
話し相手が欲しかったのさ。」





posted by 海夏子 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

先客 が いたね …


腰掛けようとしたら、 ^^

R0015344.JPG

みーつけたっ♪

こんにちは。


うわぁ


わけもなく、うれしい。





posted by 海夏子 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

割れ煎餅とか


ヒビから 木の香が 立ち昇っているようで

吸い寄せられる

頬擦りしたら、イテテテ なんだろうな

R0010404.JPG

抱きしめても、 いいかな ?
posted by 海夏子 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

屹立

DSCF2460.JPG


なにも 言わずに

「わかった」 と だけ
ラベル:
posted by 海夏子 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

共存

DSCF1670.JPG

ベリグー
ラベル:
posted by 海夏子 at 00:14| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

白の迷走

DSCF1648.JPG

「私」と「外界」は、ひとつ に なった

重ね合わせてゆくと たった ひとつ に なった
→植物説明
ラベル:百日紅
posted by 海夏子 at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

2006_0729YK20103.JPG

幹がよい

ラベル:
posted by 海夏子 at 23:56| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

力士

2006_0729YK20106.JPG

腰に キそう
ラベル:新宿御苑
posted by 海夏子 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

バナナの木

2006_0705yk0068.JPG

お、八百屋で見たやつだ キニナル木
ラベル:バナナ 写真
posted by 海夏子 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

君が待つ、

2006_0703YK20330.JPG

約束の時間。
ラベル:夕景 夕焼
posted by 海夏子 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

森にて

2006_0702YK20476.JPG

森に住む蚊はデカイ
posted by 海夏子 at 02:11| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

緑浴

2006_0619YK0175.JPG

一人、佇む。
posted by 海夏子 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

苔蒸す

2006_0515YK0109.JPG

長すぎる時間
ラベル:深大寺植物園
posted by 海夏子 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

竹林

2006_0619YK0180.JPG

足元から 樹木の香り
posted by 海夏子 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

古代

2006_0605YK0098.JPG

季節は 雨季
posted by 海夏子 at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする