2017年07月16日

夏だ。夏野菜の味噌炒め。茄子とトマトが豊作だから、なんとかせにゃ^^


食べるのに窮している方々に、冷凍で送れる無料ボランティアシステムがあると良いなぁ。
R9120229.JPG
などと、毎日 夢想してる。

色々なお料理に分けて使う。
R9120233.JPG
まずはざっくり切ろう。たーくさん ^^

ひとまず、スパゲティ。
R9120225.JPG

パピの大葉が繁る繁る。。
R9120226.JPG
柔い芽は、飾り&そのまま食べる用で、葉っぱが硬くなってしまってから採集←(パピおせーよ!)したのは、細かく微塵にして 食用とする。

ニンニク、生姜は、摩り下ろして、味にする。
R9120234.JPG

あ、今晩の、マミ料理:
R9120236.JPG
うちは昔から、旨味にウィンナーを使う。
ニラ、人参、もやし、を炒め、ウィンナーの旨味を引き寄せて。
味が足りない日は、塩や醤油、麺つゆ足したらえーがね ^^

お正月料理に絶対出る、ニシンの昆布巻きの、ニシンだけ煮物バージョン。
R9120235.JPG
めちゃうまい ><
母の味。。カミカミ

パピ作、茄子焼き。
R9120237.JPG
最近、最新で購入したオーブンレンジがお気に入りのパピ。
時短で、茄子をまずオーブンで"茹で野菜"にする。
そしたらいつも通り、ガス台のグリルで焼き焼き。

最初から直火した方が、茄子の粘度が桁違いの美味しさ。
ま、しょうがないか。ガス台節約になるしねぇ…う。

麺つゆと、小ねぎをドッサリ盛って頂きます ^^

ねっとりした茄子の食感が堪らない。


スパゲティの味付けはちょぃ和風。
R9120240.JPG
醤油、味醂、小エビ(冷凍保存しておいたやつ)

ナズも入れるからね♪
R9120238.JPG
炒め蒸し焼き風にしておく。
ふにくた食感が好き ^^

もう1年近くなる?冷凍しておいた小エビは、全部入れ。
R9120245.JPG
醤油を回し入れる。

お♪
R9120246.JPG
炒めで残りのウィンナー入れよ♡

麺には オリーブオイルと、だしの素で下味を。
R9120249.JPG

直に ニンニクと生姜を摩り下ろして入れてしまいましょう♪そうしよう
R9120255.JPG

麺にも、醤油と麺つゆで下味付け。
R9120258.JPG

装甲車のような外観。
R9120259.JPG
あ、後から 鰹節ふったら さらに美味しかった^^

と或る日の冷中。
R9120262.JPG

小ねぎとトマトの自家製中華ドレッシングだれ。
R9120263.JPG

一気に冷涼に浸る^^
R9120265.JPG
わしわし食べて、その後寝る。

後、頻繁に、同じタレを作る。
R9120269.JPG
だしの素、砂糖、醤油、ワサビ、麺つゆの日(和風)もあれば、
砂糖、醤油、お酢、ごま油、白胡椒(中華風)、の日もある。
けど、トマトとネギは変わらず~

うひー。んまし ><
R9120266.JPG
野菜の旨味と甘い辛スパイシーなタレがなんとも…

鮪刺身を海苔巻きにして食べる。
R9120267.JPG
ワサビ醤油に漬け込んだ鮪を、ホカ飯に乗っけて海苔で巻いて、ガーッ。

茄子、トマトが連日豊作なので、味噌炒めにする。
R9120272.JPG

味醂、ごま油、味噌がベース。
R9120277.JPG

程よく炒めたら、お酢をちょっとだけ入れる。
R9120278.JPG
お隣さんに、味噌汁がいたので、茄子くたりさせたいが為に、ちょっと拝借^^

ご飯にも、酒にも合う!!
R9120281.JPG

多めの油で炒め、味醂を多めに味付けすると、テカリと艶が出て、とても美味しくなる。
R9120284.JPG
フライパンの残りを全部盛り♡

以前の海は、油を敵視していた。

ダイエットと言っては、母の作るお料理にお箸を付けなかった。
20代前半に家を出て、この年になるまで帰宅しなかった。

母の味は、それはそれは 身に沁みた。

本当は、とても美味しいのを知っていたから、食べたかったんだ。。とても。。夢に見るくらいに

油も、適材適所で、素材によっては それと交わり合いながら、深い旨味になってくれる。

油をたっぷり(適量ですがね^^;)フライパンに敷く・・

怖れるなかれ。朝ご飯や昼ご飯なら、油をたっぷり吸う食材・お料理の、卵焼きや茄子の油炒めでも 身体が受け入れてくれる、、

※ その場合、海は 牛乳が入っている飲料は飲まない。
なんでかな。。 油モノを食べて後、乳飲料を食べるとお腹が張るから快くなくて、お茶とかにしている。カップリングと、自分の感性は 大切に。海は 元来少食らしい ><
もっと沢山食べたい~


ラベル:野菜
posted by 海夏子 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック