2017年06月22日

余りにも暑かったので。。関東千葉松戸市民、もうヘタレ。


鯵が安い。半額だ~^^

R9119930_R.JPG
匂いに敏感なマミが フライにする。←買ってきた人まかせ。

衣は、← なんでだか海が作る。。 小麦粉、水、卵。( 小麦粉の袋に書いてある量をてきとーにすれば 美味しくなる。何回か失敗するかもしれないけどね ^^ 秤できっちり測るばかりよりかは、勘や手の重みで失敗を重ねると、何年か先には数倍お料理が美味しくなると思う。)

R9119931_R.JPG
パピ農園の採れたてが時期でないので、野菜の種類少な目。海はそれで十分なんだぁ^^
玉ねぎ、茄子、買ってきた人参とかを天ぷらにする。
(マミは 天ぷらが6種類位ないと、もじもじ恥ずかしそうにしている。。”ごめんね・・斯く斯く然々”とか言い訳までし始める。そういうの、めん○くせー。湿っぽいの好きじゃないな。
彼女の意識では、人に 振る舞うには いっぱい種類があるのが良しとするんだそうな。
ゲップが出るほど振る舞うのがおもてなし、という村からお嫁さんに来たんだって ^^。)


暑い日には 素麺、とくれば、海んちは、天ぷら。
R9119932_R.JPG
で、素麺。

汁の素は 概ね どのメーカーさんも、とんがる味(海の舌にはしょっぱい…)なので、汁は自前で Mixする。
R9119933_R.JPG
(出汁の素、塩、砂糖、お醤油をお湯で溶いたら、そこへ汁の素と同量のお水かお湯をプラス。
海は お料理は グラムでは なるべく表したくないんだ。塩は絶対に手で入れる。なんでだろね?)

マミは めん○ーだと言えど、台所に海が一緒に立つと、いつもはブツブツゆっているのに、楽しそうに お料理する。
R9119934_R.JPG
人が寄り添うと、良いんだろうね ^^
人が一緒だと何でも楽しくなるのかな ^^

半額の鯵の切り身をマミが揚げた天ぷらは、買ってきたてのように美味しかった。
R9119935_R.JPG
めちゃくちゃんまーぃ ^^

おかあさん。

母を 呼べる 幸せ と ありがたさ。

マミが何日か前に買ってきた出来合いのコロッケに、海が大好き、野菜炒めを添えた。
(半額でも2,3日保つんだよ~^^余裕余裕 ^^勿体無い勿体無い。)
R9119950_R.JPG
野菜炒めも 毎日作ると 手持ちの味付けがなくなって、自分も飽きてきた。
さて、どーする?

牡蠣ソース。(あまりメイン味には使用したことないんだよね。)

うちの両親は 食わずだから、買っても使わないのが 二瓶ばかり控えてる。

ふんじゃ、ここは決めて、牡蠣ソース、いく。

ソースぶいぶ(入れすぎるMax超えると途端に へんちくりんな味になるんだよ、オイスターソースは。。← 以前大失敗こいた海 f^^)・・1.37回(感覚だよ)。+ 塩、砂糖、白胡椒。

酒とか要らない。
野菜に旨味を任せる。

フライパンを振るならば、常に強火。
野菜をくたれせたいならば、その後弱火。


今日の野菜。
R9119951_R.JPG
パピ農園のお隣さん農園の方から、パピも育てているお野菜が日にち違いで出来るので、よくワカラン物々交換なんだそうな・・ どうなってんだ?
で、レタス。
毎日レタス・・うぉ ^^; お

ドレッシングも 手持ちが出尽くしたから、←3,4種類じゃん ^^;、飽きに飽きちゃって、マヨ辛子ソース。
(けれど、マヨと辛子を混ぜるだけじゃないでっせ。塩、砂糖、白胡椒やりますで ^^。これで全く深みが違うんラ♪)

美味しかったのは、舞茸、えのき茸、人参、レタス、蕪、の野菜炒め。
R9119953_R.JPG
好評だったよ。オイスターソースは 少量でしか使わないので、野菜炒めの隠し味に 持って来い♡

お後は、メインにもなる、茄子ぴー炒め。
R9119955_R.JPG
油と胡麻油で炒め(←胡麻油だけで炒めたら美味しいんだろうけどねー)たら、味醂を回し入れて、味噌炒めにする。

茄子は色が移るので、、分かっちゃいたけど、ま・いっかで煮物。
R9119958_R.JPG
面白い程に、極悪な色味。デスマスクか … f^^;
ごめーん。
味が良けりゃ良い・・とか、、ん。ま・いーんじゃないかな f^^;

茄子ぴー味噌炒めの ご飯乗っけ。
R9119959_R.JPG
お醤油プラスでもイケるイケる♪

お隣さんちから頂いた、永良部島で採れたジャガイモ。
R9119962_R.JPG
まな板と色味が同じだ ^^
土の色。なんとも 爽やかな芳しい香りがする。
どこのジャガさんも一緒だと思う。
湿った、幾千億の細菌たちの生命と香りを宿した水を含む土の香り。

へぇ、旦那、及びですかぃ?
R9119964_R.JPG

斜め切りとか、
R9119966_R.JPG

乱れ斬りとか、たくさん楽しむ。
R9119967_R.JPG

最初強火(1分40秒位かな、感覚では。)、後弱火じわわ…でも、カラリと揚がる。
R9119968_R.JPG
揚げたては 何でもウマイよマジックだ。

皮は ゴシゴシ手で洗った程度で、即切りして、これ。
R9119976_R.JPG

昔も今も、こんなんがベストなんじゃないかな。。
R9119985_R.JPG
細菌とか当って死ぬなら、それで 良か。
感染症の人の墓地から採取した土でもない限り、土は 粗く払った程度が 美味しい ^^

マヨ、ケチャップ、岩塩、バジルを 気持ち良いだけ振りかける。
R9119987_R.JPG

【 GRAND KIRIN 梅雨のエキゾチック 】。

それはそれは、美味しかった。

梅雨の赤紫色の重力に 身を重ねるように 幾重にも深い旨味の層。

おいしいなぁ ^^

広いガラス越しに、雨の香りと 重奏な湿気の香りも 楽しいんだ。

ねっとりとした、沖永良部島のジャガイモのカラリとした素揚げ。


ありがとうございます。

ごちそうさまです。

お隣さん、ありがたい ^^

ラベル:野菜
posted by 海夏子 at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック