2017年02月25日

『 太陽が 昇るように 君を信じている 』


もう 早六年も経ったんだ。。
あれから

2011年、蘭展@後楽園 での記録。

地味なところから 廻る癖がある。

R0010191_R.JPG

R0010192_R.JPG

R0010193_R.JPG

じじー
R0010164_R.JPG

マニアだらけを 掻い潜って 潜る潜る。
R0010185_R.JPG

何千種とあるんだろう。
R0010163_R.JPG

光に満ちて
R0010144_R.JPG

小宇宙に身を委ねる
R0010145_R.JPG

無心な夢を漕ぐ
R0010146_R.JPG

清楚なタキシードを着たり
R0010162_R.JPG

時に 潤う
R0010126_R.JPG

幾千もの有象無象
R0010142_R.JPG

刺すような感動
R0010124_R.JPG

着地する ふわりふわり
R0010141_R.JPG

紫色は 母の好きな色だ
R0010120_R.JPG

彼女は 友人と訪れたという
R0010132_R.JPG

それも 夢の中。彼女は 忘れてしまう
R0010127_R.JPG
一瞬のまたたきの間に

この手で掬い切れない
R0010129_R.JPG

この時までは 信じていた
R0010131_R.JPG

この花期 が 永遠であることを
R0010136_R.JPG


永遠ではないことを 予感しながら、夢を見ていた。 ずっと

もう長いこと ずっと


森は もう無い。

伐採されて 家が びっしり並び建つ。


殺伐とした夕暮れ を ぼくは 目もくれることも無く 家路につく


あの空地は もう無い。


そこに 生きていた木にも 会えない。


ぼくの 心は 随分 遠くに来た。 これから どこへゆこう


タグ:
posted by 海夏子 at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447332629

この記事へのトラックバック