2016年06月05日

夕暮れ考。


もしも 朝が無かったら。

太陽が 昇らなかったなら、

R0027974_R.JPG

ぼくは、永遠に呑み続けているかもしれない …


posted by 海夏子 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック