2016年05月16日

その日は、良く晴れた日で、


なんにも無いのが、気持ち良い。
RIMG0065_R.JPG
光のつぶつぶが、肩越しにまで 遊びに来てくれた。


歩幅の大きい父に、必死でついていく。
RIMG0089_R.JPG


父は ふと足を止め、
「 この地球はね、とても綺麗な場所なんだよ ^^
きみの 二つの眼 と、その心のように

その目が見えなくても良い。

その心が閉じていても良い。

ただ あなた自身が、清潔であれよ と 僕は 願うんだよ 」

RIMG0099_R.JPG

そして また さっさと歩き出したんだ。


ちょっと、待って …



ラベル:
posted by 海夏子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック