2016年03月16日

春が来る前、クリアな越冬さんぽ。


1月頃かな ^^

とても、それは とても 良く晴れた日だった。

腕 を 大空に向かって 思い切り伸びをした 小梅さんとか、
R0021926_R.JPG

逆光に照らされて 透けた臘梅を 受けながら、
R0021887_R.JPG

ただの 木の窪 を 覗きいったり、
R0021934_R.JPG
(どうなっているのかな? 何かないかな? などと)

そこを通っただけで 揺れて 挨拶を交わす 小梅さん
R0021929_R.JPG

どんぐり迷子。
R0021933_R.JPG

木が束になった。
森 っていうんだ
R0021962_R.JPG

光が 緑色を 彩ってくれる
R0021946_R.JPG
それに 呼応するかのように

一見何も無いかのようだけど
R0021891_R.JPG

縮こまって かくれんぼ
R0021907_R.JPG

風と、クリケットしよう
R0021913_R.JPG


ああ、そこに、青 が有り、わたしが有る。
R0021921_R.JPG

遙かなる時を超えて。
R0021947_R.JPG
一秒ごとに

一秒ごとに


刻 は 大らかに 見守る
R0021946_R.JPG
やはり、ただ そこに。


何度でも、還ろう


静かに、豊かに
R0021963_R.JPG

ぼくたちは ぼくたちは
R0021920_R.JPG

いつも こんなんだといいな
R0021909_R.JPG

てくてく。ぼくは いつもの道をゆく
R0021966_R.JPG

終わり近き冬を
R0021969_R.JPG


posted by 海夏子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434972774

この記事へのトラックバック