2006年09月08日

”Fake”

posted by 海夏子 at 00:08| Comment(4) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
華やかさの中に、何とも言えない切なさを感じますね(^-^)
造花は決して枯れる事のない美しさを得た反面、寂しさと哀しさも背負うような気がします。
人間も永遠の命をもし得たなら同じような哀しさを背負うのかも知れませんね。
Posted by ショウ☆ at 2006年09月08日 10:51
ショウさん こんばんは〜

コメント自体がもう詩(うた)のような響きがありますね…。

> 人間も永遠の命をもし得たなら

私ウレシイです*^-^*(即答・え?)
うそうそ。寂しさで潰れてしまうかな。
もともと世界に一人or二人だったら、”寂”なんて感覚、知らないで済むんでしょうけど、孤独は、逆に”群”の中に「個」があるからこそ感じるものだと思うんです。

それを思う時、造花を見かけると、美しいけど、これから先、ゴールのないレールをずっと、どこまでもどこまでも進み続けるのかな…って感じると、少し切ないですね。

背負わないように、軽く流す?技を身につけないとな、と社会人していてよく思います。
Posted by ショウさんへ at 2006年09月08日 20:10
これは。。全部造花なのですね。。
びっくりです。

艶やかさの中に憂いも秘めた全体の色調に命のかがやきとはかなさを感じました。
Posted by rosy at 2006年09月09日 10:54
rosyさん ここにもコメントを、ありがとうございます!

そうなんです。全て造りモノ、でございます。
艶やかに写っているのは、瞬間のイタズラか、神様の贈り物ですね。

私は、もっと造花だというのが全面に出ちゃうかな?と思っていたんですが、撮ってみて良かったなと♪

艶やかさと憂い、輝きと儚さ。
相反するものを全て包括して、それでも前へ進むしかない。
人生って凄まじい。
Posted by rosyさんへ at 2006年09月09日 19:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

第3回 rosy's TB企画  『 秋色十色 』
Excerpt: 今回のテーマは『秋色十色』です。秋を感じる‘色’、‘モノ’や‘言葉’などなど。。 みなさんの感受性で切りとられた秋の‘いろいろ’を募集させていただきます。 ☆すでにエントリーをいただいている9..
Weblog: * * cafe de la vie * *    
Tracked: 2006-09-09 19:59