2017年08月12日

夏だけど、夏仕様じゃない、日々の食事の記録。


『まるで、生めん。日清ラ王。塩(鶏のむね肉のスープ)』
R9117251.JPG

最近、常々思うんだ。
”麺”とか”むね”とか、なんで漢字使わないの??
漢字を使うか、カタカナ、ひらがなを使うかは、既に デザインの領域なんだね。。

で。

日清さんのシリーズの中で、うちの会社で 余り好評でなかったので、持って帰って良い…とナ♪

温かい麺でイケないならば、ヨコのお薦めレシピ行くっしょ^^♪
R9117252.JPG
最低でも、ごま油&卵だけありゃイケるっぽそうだゾ。
しかも、こっちの方がんまそー*^^*

パピ農園採集、甘いほうれん草、と、市販の卵。
R9117389.JPG

ラーメンには、須らく、ネギ入れたい。
R9117390.JPG

麺を茹でたら、今回は 油そば風なので、添付調味料はお湯で溶いて、茹で上げた麺に絡めます。
R9117393.JPG

ごま油、煎り胡麻は、湯で溶いた調味料を混ぜた後で、後入れ。
R9117394.JPG
後絡めが香り立つ。
右のタッパには、海苔が入ってる。

麺の茹で上がる直前に、ほうれん草をぼさー♪
R9117395.JPG

生卵、ゴマ、ごま油を ずんずん盛る。
R9117399.JPG
甘いほうれん草と香り立つ胡麻…、この香り… んー

ここに、千切った手揉み海苔を更に添えた。
R9117400.JPG
言う事ない *^^*

ラーメン袋ヨコの、お薦めレシピも 料理の幅が広がるって話。


ここからは いつものダラダラ。

市販の焼きそばに、ラー油を垂らすと美味しい ^^
R9117231.JPG
パピは辛いモノが好き…
(今回入れた具は、豚肉コマと玉ねぎと、後は 冷蔵庫にあった なんだか忘れたヨ、青野菜。)

マミが買ってきた半額のベラベラ大きいブリアラに、大根。
R9117233.JPG
あっつあつを暑い夏に頂く。ビールがすすむすすむ。
(脂身が殆どなパックを選んで買ってきてくれた^^♪海は脂身が大好き)

パピが用意してくれた、焼きそば付け合せは、ほうれん草の塩茹でと、ゆで卵。
R9117235.JPG
焼きそばに入れても、ドレッシングで野菜サラダでも良いように別添え。
(海は、キューピーゴマドレを掛ける♡)

身欠き鰊くん。
R9117242.JPG
味醂&醤油で あま〜い味付け。
秋田出身のマミ料理は絶品。ただ甘いだけじゃなく、円やかで優しいふんわりした味。
母の味… *^^*
うちは、みんなこれが大好きなんだ。
(身欠き鰊は干物です。生じゃないヨ。干物でも、"ソフト"と記述があるものは、そのまま調理。
"ソフト"と書かれてないモノ(ガチガチの干物)ならば、お米の研ぎ汁で 一晩ふやかしてから調理します。海んちはね。科学的根拠は、他へ聞いちくり。とにかくこうすりゃうまいんじゃ。)

切り干し大根の煮物。
R9117246.JPG
人参、油揚げを加える。
予算に余裕がある時&おもてなしする時は、鶏肉&椎茸を加えると美味しい。

レバカツ、ハムカツ、メンチカツ。。。
R9117247.JPG
とにかく揚げ物をトコトン食べたい。

そして、ビールをトコトン呑みたい! わしわしごごー

んめーし ^^ ^^ ← 夏は獰猛な動物化。

白身魚フライもあったか~
R9117249.JPG

レバカツ美味しい♡
R9117250.JPG
泥のような味が美味しい。

海は、昼食は 米と海苔が大好きで毎日おにぎりだけど、酒が入る夕方は、単品で ぐいぐい行くタイプ。

鮭。
R9117340.JPG
皮と身の切ない部分がんーまい ^^
皮と身いっしょくたが、うまいうまい♡

北海道の友達は、『 鮭で夕食はなし。鮭は朝食だよ!』とな。
へぇぇ。。そか。。

マヨちょちょ掛けて、乱れ喰いに突入。
R9117348.JPG

家ビアガーデン化。
R9117353.JPG
ライスじゃなく、チョイご飯もあるよー♪

エビカツサンド、半額♡
R9117358.JPG
お酒をしこたま呑むと、米やら炭水化物が欲しくなる。

脂が乗り乗り♡、養鰤のサクをお刺身に。
R9117375.JPG

脂が甘くてたっぷりなので、山葵も沢山乗っけ。
R9117378.JPG
両者引き分け位が んまい~
顔をやや下に向け、直ぐにごっくんしないように、よぉーく噛む。
素材の甘みが じゅんわ~わ~

ラストは、天ぷらの油粕に、落とし卵、昆布出汁の麺つゆで、ほかご飯を掻き込みます。
R9117402.JPG

大の字になって寝る。
んがー ^^

夏の、醍醐味。


蚊取り線香の香り…

夏の夜風 の 織りなす色香。

秋橋へ渡しの、夕涼む羽震わす虫の音…

その全てを包むものが、重たい曇りの雨夏であり、キッカリ青い夏なのかな *^^*


夏、大好き



死に際は、夏の青い空か、暮れなずむ夏の夕暮れ時が良い。。

夏の空を見上げながら、酒を片手に死ねたら、極上。



ラベル:
posted by 海夏子 at 19:10| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

酒好き×アルコール飛ばす×トマト酒は、大正解だったみたいだな^^



酒好きの新常識!? トマトがアルコール分解を早める


凄い凄い凄い!!!
自分でもなんだか良いと感じていたものがそうだったと 言葉で裏打ちされると、嬉しい^^

(体内アルコール度数を3割も 静めてくれるんだっ *^^* ⇒ 全面的に ウェブの情報を信じている訳ではありません…

すっご。自分が体感で なんだか良いと思うと感じていたのが良いという情報を得ると、その気になる。
というか、本当に トマト酒は良いと思う。)




一生これで行くっしょ。

海には トマト酒が 幸いに 美味しいと感じるので、他のお酒要らない← 明らかに言い過ぎかもしれないけれど、トマトをミキサーにして(20秒位うぃぃんうぃーん ⇒ 皮まで 粉砕するとなると、10秒じゃ足りないんだヨ。器械の能力にも依る。)、お酒と割るのが とても美味しい。

もうこれで 夏のお酒は 当面 十分ラ♡

(あくまでも、夏に)お酒を呑んだ場合、アルコールを体内から 早く退出願いするバージョンです~

日本は 四季に富む分、季節に依って 呑みたいお酒も人によっては変容するだろうと思われるので、季節に依って呑むお酒で、対処法は違うだろう。

酒に呑まれず、愉しむ。 その攻略と嗜みを得るのも、日本に生きる人のお酒呑みの 一興ではなかろうか ^^

野菜は、地植えが良い。自分で育てたなら、無農薬は確実だしね^^♪


蒸留酒 は、醸造酒より、酔いが廻るのが軽く、且つ翌日に残りにくい、というのが体感です。

野菜炒めは、 胃に膜を張る油分が含まれているので 酔いが緩和されるような気がします。



醸造酒:ビール、ワイン、日本酒など。体臭が…

蒸留酒:ウィスキー、ウォッカ、焼酎など。



だけど、呑んじゃうんだ *^^*
ビールは、レーベンブロイ、カールスバーグ。


暑い夏、この膨大な空虚を埋め尽くす蝉の声 …




ラベル:トマト
posted by 海夏子 at 20:02| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

空豆とか、スナップエンドウとか、肉…肉だ!肉食べよう。


夏だ。ダラダラいっちゃうとも^^

豚バラ、キャベツ、人参千切り、エンドウ豆の甘味噌炒め。
R9119328.JPG
湯気ってるのも美味しそう

くっきりさんも美味しそう*^^*
R9119340.JPG
お酒呑んでいるけど、コメで食べる♪
くしゅくしゅ豚バラと、とろける野菜♡

エンドウ豆ご飯、第一夜。
R9119621.JPG
香ばしい豆の香り^^

事の始まりは、パピが くたったエンドウ豆を畑から いっぱい持ってきたんだーね。
R9119780.JPG
(この他にもどっちゃりネ…)

皮ごと炒められないので、中のぴんぴんした豆を救出。
R9119790.JPG
皮はくたびれてても、中の豆は以外やイケるのだよ!

久し振りだな…塩加減、どんなだっけなー
R9119801.JPG
もちびっとカナ。

淡く混ぜる。
R9119802.JPG
白濁し過ぎ? もっと研げって?
んー。これくらいでも良いと思うよ~ ← 今回は 5,6回水長した。いつもは 7,8回。あり?

ぴろりん。。あ、塩もそっと入れたい~ ← 久し振りなので、ブレてみたりする。
R9119803.JPG
バチッと決めろさー(やいのやいの)

そーもいかんで ^^;

仏壇用にストックしてあるお酒を拝借。いつものいつもの♪⇒空っ。。⇒叱られる ><。。
R9119805.JPG
チビリ醤油。塩・酒だけで十分だっつに~

そして、水を 規定量まで足し入れる。
R9119806.JPG
出汁の素は… 今回いれにゃい。
豆の味そのもの近くまでを味わいたい。

パカン。
R9119816.JPG
ほんわ~
あ…この瞬間、顔を吹き上げるこの香り*^^*
一番幸せ♡

遠慮して豆少な目、底のチョイおこげ部分頂き♪
R9119818.JPG

パピ:そら!そら豆だぞー^^
R9119830.JPG

ふんわかしたベッドから、そら豆をもにぃ~
R9119832.JPG

お尻のこんくらいのとこに、一センチ位、包丁の柄に近い部分で ににぃ、と 切れ目を入れると塩味が染み込み易くなって美味しいんだってサ。
R9119835.JPG

面白いのは初回5粒くらいまで。
R9119875.JPG
後は黙々と作業。
これまたエンドルフィン。
(そら豆は5月半ば位だったの記憶。)

ぜーんぶ塩茹で。
R9119839.JPG

ぷにょ♡
R9119840.JPG
あむぅ ^^
んまい!
風と太陽と土の香り…

ぴにぴに食べていると、調子に乗るなっ、と パピからマッタが掛かる。

あい…。

二日目朝、お釜の残りの豆ご飯は、豆多め^^♡
R9119846.JPG
やったーぃ♪
味落ちとか関係なし。うまいうまいヨ

マミが、半額のお魚まるものを買ってきたんだけど、素性を忘れてしまったらしい。
R9119874.JPG
このフェイスは…アレだよ、アレ。
イシモチさーん^^

上部の、顔だけのは、マミが 独特のセンスでもげたやつをよそってくれた…の、なぜ^^?

マミ:海ちゃん、お魚好きでしょぉ^^

… あん。好きだよ。確かにね… もげた頭だけをよそってくれる この感覚、海にも是非頂きたい。

パピ農園のお野菜は ユニーク。
R9119876.JPG
寸詰まりの大根。
何大根?
スーパーで売っている、青首大根だ。発育不良というわけでもなさそう。
ちゃんと、美味しかった。自然て多彩なんだね!

ヘラヘラ。
R9119879.JPG
お大根様、薄笑い。
なんじゃいな ^^?

ここから本日の夕餉模様。
R9120334.JPG
カレーの肉半額、ぽんじり、パピ農園採れたて野菜炒め(キャベツ、玉ねぎ、ピー)。

肉を柔らかくコク深くしてくれそーなので、玉ねぎを粗みじんにして、、
R9120336.JPG

しばし、パサつくカレー用の豚肉に バサッとな。
R9120337.JPG
味の違いとか、食感の違いとか、ハッキリ言って効果の程は分かりません。

塩味付いているぽんじりのフライパンへ、カレー用玉ねぎ入り豚肉をニコイチにしてしまう。
R9120338.JPG
夏なら、なんでもOKなんズラ。

パピ農園野菜、ピカイチレギュラー・茄子。
R9120340.JPG
を、パピが茄子焼きにしてくれた。
Meは、醤油ではなく、麺つゆをどびどび掛けて食べるのが好き♡

そして、生姜おろしMust.
R9120340-1.JPG
甘い麺つゆに、清涼な生姜… とろりとした茄子。とてもおいしぃっ ><
10茄子イケる!

ニコイチにしたら、途端に味が薄くなったので、こらヤバイとばかりに、三温糖と、醤油を足したんだが、、
R9120341.JPG

あ♡
昨晩、マミが手羽元の圧力鍋煮込みホロホロ肉を作った 味醂と醤油のタレが残ってた。
R9120344.JPG
勿体無いって取っておいていたんだよね♪
しかも、このクソ暑い蒸した湿度高い日に、常温。。
… むーぅ。← 表面に黴が生えてなければ、セーフなんざんす。
OKっしょ^^

ありがたーく使うよん。
R9120345.JPG
どばばー
お引越しじゃ。⇒ 煮詰める。

パピの野菜炒めのお皿に、お肉用スペースを作っておこう。
R9120342.JPG
ぶに。。ちょいとごめんなさいヨ。

嗚呼♡
R9120348.JPG
濃ゆめ。。良い感じ♪

肉が転がり出る盛り。
R9120349.JPG

ぽんじりくんから出た 脂艶がたまんない。
R9120355.JPG

じゅんわ…
R9120358.JPG

動画なら、対象物を 滑るように一連の素顔を撮れるんだけど、静止画は 気になったショット分、嵩張る。

動画も、静止画も、良い。

あ、そうそう。

25度の焼酎、トマト割りでも、最近お酒がキツイ。← 量の問題もあるんだけどサ。

その日用事がある方面にある、お店に依っては軒並み25度しか置いてないので、それを呑んでいたんだけど、どーにも…なので、20度に戻して粉末珈琲焼酎にして今回は呑んでみた。
酔いも来ないし、快調。どんだけ呑んでも 酔わないんじゃないか?!っていうくらい、身体にフィットする。不思議だな。
たった5度の違いだけど、その人に合う度数はきちんとあることに気が付いた。今更か?^^;

安売りしているから、とか、通り道のお店にそれしか売っていないから…とか、お酒と身体の関係には、持ち込まない方が良いんだね。

珈琲には、アルコール分解を助ける効能があるそうな…。へぇぇ。知らなんだ。

で、花火大会が開催されている日に、何をチマチマ記事編集しているかって?

初めての業種のアルバイトで 満身創痍なんラ ><

海は 器用じゃありません。

身体中 汗だくで帰宅したら即シャワー ⇒ ベランダ植物たち水遣りしながらお洗濯上がったのを干して… 、もう クタクタ。。 風が動かない うだる暑さの日には、ビールあおって 健全に寝るでしょー♡

会おうという友達とか… イヤイヤ、今はひたすら 寝たいんだヨ!

人生に こういう夏があっても、イイ。

ヒグラシの鳴き声に ひたすら身を委ねながら


ラベル: 野菜
posted by 海夏子 at 20:21| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする